2010年06月30日

<サッカーW杯>パラグアイ戦視聴率 TBS過去最高の57・3%、瞬間最高64.9%

 29日午後11時から放送されたサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、決勝トーナメント1回戦の日本対パラグアイの生中継(TBS系)の平均視聴率(延長戦前半13分まで)は57.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。最高視聴率は、前半ロスタイムごろの午後11時46分の64.9%だった。TBSでは1972年12月21日にドラマ「ありがとう」で記録した平均視聴率56・3%を上回り過去最高。全局スポーツ番組の中でも歴代12位の高視聴率だった。

 試合は、個人技に勝るパラグアイが中盤を支配し、日本は守備を固めてカウンターを狙う流れになった。松井大輔選手がバーをたたく惜しいミドルシュートを放つ場面もあったが、GKの川島永嗣選手(川崎)を中心に耐え、延長戦でも決着が付かずPK戦に突入。パラグアイは5人全員が決めたが、日本は3人目の駒野友一選手(磐田)が外して3−5で敗北。初のベスト8入りは果たせなかった。(毎日新聞デジタル)

人気マニュアル!!日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD












posted by がっちゃん at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森下悠里、独身最後の夜にハメをハズすバチェラーパーティー、自分のダンナだったら許せない?

 グラビアアイドルとして活躍する森下悠里が、アメリカの歴代コメディー映画史上最高の興行収入を記録した映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を大絶賛しつつも、複雑な乙女心を明らかにした。

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』写真ギャラリー

 映画ファンで相当な数の映画を観てきたと豪語する森下は「『ハングオーバー!』って最高! 常識を覆す出来事の連発、史上最強のおかしさは世界共通です!」とすっかり本作のとりこになってしまった様子。よほど映画が気に入ったのか、6月27日付のオフィシャルブログでも大絶賛を繰り返すほどだった。

 だが、独身最後の夜に羽目を外したことが騒動の発端となることについては「女の立場としては鼻の下伸ばして羽目はずして調子に乗るからいけないのよ!」とブログ上で至極もっともな意見を述べており、バチェラーパーティーに関しても「悠里は絶対、嫌ですね。ゆるせんっ(笑)」と容赦なかった。

 映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』は世界27か国で第1位を獲得するだけでなく、第67回ゴールデン・グローブ賞でも作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。比較的低予算であり、大スターが出演していない映画としては異例の大ヒットを記録した。日本公開にはツイッターでの署名活動が大きな役割を果たしたことも話題になった。すでに続編製作も決定している。

 森下も大絶賛しているので女の子とのデートで観に行くには最高かもしれないが、観終わったあと、彼氏は肩身が狭くなっているかも?

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』は7月3日よりシネセゾン渋谷ほか全国順次公開

人気マニュアル!!日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD












posted by がっちゃん at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<よしもと男前芸人>LSB20がW杯観戦 PK負けに「めっちゃ悔しい!」

 お笑いコンビ「ライセンス」の藤原一裕さんら「よしもと男前ランキング」の上位20の“イケメン芸人”が期間限定グループ「LSB20」を結成。29日に行われたサッカーW杯の日本対パラグアイ戦を「よしもとパブリックビューイング」と題して観戦し、勝利に向け“念”を送った。開始直後は冗談を連発していたが、応援が熱を帯び、最後に日本代表がPK戦で敗れるとがっくりとうなだれて、最後は口々に「あー!メッチャくやしいわ!」とさけんでいた。

 「LSB20」は、7月17〜19日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれる大型お笑いイベント「LIVE STAND 2010」に向けて結成されたグループ。7月14日から「友情」をテーマにしたイメージソング「Laugh&Dream」を携帯サイトで配信するほか、19日には「LIVE STAND 2010」で行われる「LIVE STAND歌謡祭」で1度だけの生ライブを披露する。

 この日、レコーディングが行われた後、メンバーがそろって観戦。最初は「本田はミスをしても許す」「(引退したパラグアイの名物GK)チラベルドのFKに気をつけろ」などと、冗談まじりのコメントを交えて応援していたが、日本が劣勢の展開となり、攻め込まれるたびに「うぉい!」「やめて! やめて!」と口々に叫び、PK戦ではみなで肩を組んで声援を送った。

 日本代表のユニホーム姿で声援を送った「ライセンス」の井本貴史さんは「ぐっときたところはPK。日本国民は心臓バクバクだったでしょう。PKはしょうがない。本当に運なので……」と悔しそうで、「フルーツポンチ」の村上健志さんは「次につながる負け。みんながんばっているし、評価しています」、「カナリア」の安達健太郎さんは「悔しいの一言。また4年後がんばってほしい」とエールを送っていた。(毎日新聞デジタル)

人気マニュアル!!日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD












posted by がっちゃん at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。