2010年10月05日

ヒガシ&生田斗真 三島作品2本立て挑戦

 少年隊の東山紀之(44)とジャニーズ事務所の後輩の生田斗真(25)が来年2月、蜷川幸雄氏(74)の演出で三島由紀夫2作品の同時上演に挑むことが4日、分かった。原作の三島氏が生前「同じキャストで上演してくれ」と“遺言”していた2作品の舞台化。東京・渋谷のシアターコクーンで約1カ月にわたり上演されるが、同じキャストで2つの作品を同時上演するのは極めて異例という。
  ◇  ◇
 同時上演されるのは「サド侯爵夫人」と、これと対をなす作品として執筆された「わが友ヒットラー」。故三島氏が「連続で上演するなら同じキャストでやってくれ」と台本に書き残したとされ、2作品とも男性のみの同じ俳優陣で、同じセットで上演される。
 「サド‐」は1700年代のパリを舞台に、悪徳・サド侯爵の姿を6人の女性に語らせ、人間に潜む闇を描く。登場人物は女性のみで、主演のサド侯爵夫人・ルネ役の東山、ルネの妹役の生田、母役の平幹二朗ら出演者全員が女装をして演じる。
 一方「わが友‐」は1934年のベルリンを舞台に、ヒットラーら男性4人の論戦を通じ権力と狂気を描く。主演のヒットラー役は生田、東山は盟友レーム役だ。
 上演時間は「サド‐」が3時間強、「わが友‐」が3時間弱の予定。午後1時半と午後7時に1作ずつ、1日に2作上演する日もあり、俳優にとっては体力と気力の充実が要求される1カ月となる。
 ヒガシ「でかい山」 蜷川氏は「三島さんが長い間望んで実現できなかったことに、ようやく応えてあげられる」と悲願の実現に感慨ひとしお。東山は「とてつもなくでかい山を登ることになりました」と新たな挑戦に意欲。初の蜷川作品参加となる生田は「三島由紀夫作品2本立てで芝居同時上演という、いまだかつて誰もやったことのない今回の舞台に参加させていただき、挑戦できることを光栄に思っております。2作品でいつもの2倍飛んでくる灰皿をよける練習から始めたい」とユーモアをまじえたコメントで闘志を表現した。
 2011年2月2日〜3月2日、東京・Bunkamuraシアターコクーン、3月8〜20日まで大阪・シアターBRAVA!で上演。

人気マニュアル!!日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD












posted by がっちゃん at 12:00| Comment(0) | 藤井聡 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。