2010年12月27日

山路氏、麻木に不可解ムコ入り!同居せず、長女にも一度も会わず…

 タレントの大桃美代子(45)と麻木久仁子(48)の元夫で、APF通信社代表の山路徹氏(49)が26日、都内で会見した。不倫騒動について「悪いのは私」と謝罪。麻木との交際開始時に、大桃とはまだ同居していたと説明した。また麻木と再婚した際に婿入りし、麻木の本名の「松本」姓になっていたことが発覚。麻木とは同居せず、長女にも会ったことがないなど、謎の結婚生活が次々と明らかになった。

 自社で行うネット配信「APF NEWS」でも生中継される中、騒動について語った。一躍“時の人”となった山路氏は「両方の会見を見たが、それぞれ正しいと思う。悪いのは間に入っている私なんです」と緊張した面持ちで謝罪した。

 取材する側から、される側になった山路氏は、ソフトな語り口調で質問に答えていった。麻木とは2004年頃から2人っきりで食事をするようになり、05年後半から互いにひかれ合うようになったという。「ただそれを大桃さんに自分の言葉で伝えることができなかった。残酷な沈黙だった」。麻木には大桃との結婚生活は破綻していると説明していたが、実は別居はしていなかった。山路氏は結果的に両者にウソをつく形になった。

 結局、大桃とは06年6月に離婚し、麻木と再婚する。時期については「プライベートなこと」と明かさなかったが、婿入りしたという。麻木は前夫で作曲家の松本晃彦氏(47)の「松本」姓を用いており、山路氏は戸籍上「松本徹」になった。

 離婚から4年以上が経過してから、大桃が不倫に気が付いたのは、この名前がきっかけだった。11月にミャンマーで不法入国容疑で拘束された際に「山路徹(本名・松本徹)」と新聞やテレビで広く報じられた。疑問に思った大桃がインターネットなどで調べていくうちに、麻木に行き着いたという。

 婿入りした理由について、山路氏は「ひとつは、お子さんの問題。あとはプライベートなこと」と話すにとどめた。意味深な説明で、深い事情があったことをうかがわせた。名前を変えることで、何らかのメリットがあったとも考えられる。入籍後も同居はしておらず、麻木の長女(16)とも一度も会っていなかったという。「理由がある」。結婚生活は謎だらけだ。

 離婚届は約1か月前に提出。マンションの家賃や車など金銭的援助は、麻木の個人事務所の代表を務めていたことから、その会社名義で行われていた。今後、返済について話し合っていくという。「ジャーナリストとして今回の騒動をどう伝えるか?」という問いに、山路氏は「僕は取材しないと思う」と肩を落とした。

 ◆山路 徹(やまじ・とおる)1961年9月13日、東京都生まれ。49歳。TBSテレビ、テレビ朝日系のプロダクションを経て、92年独立。日本初紛争専門ニュースプロダクション、APF通信社を設立。同社代表を務める。ボスニア、ソマリア、カンボジア、アフガニスタンほか世界の紛争地を取材。現在はプロデューサーとして記者やリポーターを世界各地に派遣している。

 

人気マニュアル!!日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD












posted by がっちゃん at 09:00| Comment(0) | 藤井聡 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。