2011年08月05日

デヴ、待望のデビュー作にはティンバランドも参加

アジア系アメリカ人によるヒップホップ・グループ、ファー・イースト・ムーヴメント(Far*East Movement)の全米1位ヒット“Like A G6”への参加で名を上げた女性シンガー、デヴ(Devin "Dev" Tailes)のデビュー・アルバムにティンバランド(Timbaland)も参加していることが明らかになった。

大ヒット曲“Like A G6”のサビで印象的な声を聴かせているデヴは、“Like A G6”をプロデュースしているカリフォルニアのデュオ、キャタラクス(Cataracs)によって発掘された22歳のシンガー。元々“Like A G6”は、先にデヴが発表していたシングル“Booty Bounce”をサンプリングしていたもので、その“Booty Bounce”を手がけていたのもキャタラクスになる。

彼女はキャタラクスとタッグを組み、“Bass Down Low”や“In The Dark”といったシングルを発表。キャタラクスがプロデュースを務めているニュー・ボーイズ(New Boyz)“Backseat”などでの客演仕事もこなしていた彼女が、いよいよデビュー・アルバム“The Night The Sun Came Up”をリリースする。休みなく制作しているというこのデビュー作、全曲をキャタラクスが手がけているわけでなく、あのティンバランドも参加しているという。彼女は、デヴィット・ゲッタ(David Guetta)が間もなくリリースする新作収録の“I Just Wanna Fuck”という曲でティンバランドとすでに共演を果たしているが、PerezHilton.comのインタビューによれば、2008年にMySpaceを通して知り合っていたのだとか。ティンバランドの新作“Shock Value III”からの1stシングルのゲストにも選ばれたとも言われており、ヒットメーカーの気に入ったようだ。

デヴのデビュー・アルバム“The Night The Sun Came Up”は全米で9月20日に発売予定。50セント(50 Cent)の新曲“I'm On It”を手がけるなど近年注目度が増しているキャタラクスが全面バックアップ、さらにティンバランドの援護射撃もあるとあっては強力なエレクトロ・ポップ作となりそうだ。(s)

“The Night The Sun Came Up”収録曲
01. Getaway
02. In My Trunk
03. Me
04. Breathe
05. Take Her From You
06. Lightspeed
07. Dancing Shoes
08. Perfect Match
09. Bass Down Low
10. Kiss My Lips
11. In The Dark
12. Shadows
13. Killer (iTunes Exclusive)

人気マニュアル!!日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD












posted by がっちゃん at 03:00| Comment(0) | 藤井聡 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。