2011年02月27日

「孫たちへの証言」原爆編を英訳・電子出版へ

【手帖】

 市井の人々の戦争体験記を公募し毎年8月に発行している「孫たちへの証言」の原爆特集号を作成し英訳・電子出版しようと、出版元の新風書房(大阪市)が準備を進めている。

 同シリーズは昭和63年の第1集以来、毎年発行。同社では貴重な戦争体験を後世に伝えるための「記憶を記録する作業」と位置付けており、これまでに海外も含めて全国から1万5千を超える体験記が寄せられ、昨年の第23集までで計1846編が掲載された。

 今回、同社は過去の掲載作の中から被爆体験を抽出した「原爆編」の英訳・電子出版を計画。第23集までに掲載した65編のうち、本人や遺族の了解が得られた36編を広島・長崎の英語教師約15人に依頼して英訳作業中だ。今年8月に日本語版、英語版ともに電子書籍として販売の予定という。

 福山琢磨社長(76)は「英国のBBCテレビで二重被爆者を『世界一運が悪い男』と冗談半分で紹介するなど、海外では原爆に対する認識が不足している。これまで零細出版社としては海外へ情報発信する手段がなかったが、電子書籍なら可能なので挑戦することにした。唯一の被爆国の実態を広く世界に知らせたい」と話している。

 同社ではあわせて第24集の原稿も募集中(3月31日消印有効)。今年のテーマは「これだけは次代に伝えたい〈私の戦時体験〉」。近年は戦争体験者の高齢化が進む一方で、遺族による聞き書きなどの応募が増えているという。90編程度を掲載する予定だ。問い合わせは同社(電)06・6768・4600。

人気マニュアル!!日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD












posted by がっちゃん at 12:00| Comment(0) | 藤井聡 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。